エステサロンや自宅用の脱毛器を使用してムダ毛の処理を行ったとき、お手入れを始めて間もないころはムダ毛がどんどん減っていき、脱毛の効果を実感したかたは多いのではないでしょうか。

現在、エステや家庭用脱毛器はほとんどが光を使用して脱毛を行っています。

光を照射する回数が増えるにしたがって、生えてくるムダ毛の本数が減っていきます。

しかし「このままいけば、まったくムダ毛がないお肌になる!」と期待をしていたのに、お肌の表面にヒョロっと何本も“産毛”が生えてしまって、まったく減らなくなってしまったという人もわりと多くみかけます。

なぜ産毛はいつまで経っても生えてきてしまうのでしょうか。ここでは、脱毛をしたのに産毛が残ってしまうかたが多い理由を解説し、“産毛の脱毛は可能なのか?”などについてもご説明していきたいと思います。

 

脱毛をしたのになぜ産毛は残ってしまうの?

せっかくお金と時間をかけてエステに通い脱毛を行っているのに、いつまで経ってもお肌の表面にうっすら産毛が生えてきてしまうことがあります。

なぜ産毛はいつまで経っても生えてきてしまうのでしょうか。

その理由は、“光脱毛は、産毛の脱毛が少々苦手だから”です。

 

もちろん、光脱毛をする前に比べると、ムダ毛の太さが細くなったり、ムダ毛の本数が少なくなるかたは大勢います。

しかし産毛の処理がうまくいかない場合が、意外と多いということもいえます。

なぜこのようなことがあるのかというと、産毛のような細い毛の場合、太くて目立つ毛に比べると黒色の色素が薄く、光脱毛の光が反応しにくい場合があるからです。

 

ここで光と脱毛がどのように関係しているのかについて少しご説明します。

わたしたちを悩ませているムダ毛は、毛周期という一定のサイクル(成長初期、成長期、進行期、休止期)を経てお肌の表面に現れます。

光脱毛では毛周期のうち、成長期にある毛をターゲットとしています。(成長期の毛は黒い色素が強く、光脱毛の光が届きやすくなっているからです。)

光脱毛では、成長期の毛の黒い色素に光を届けて、熱ダメージを与えることで、ムダ毛が生えにくい状態にしていきます。

そのため毛が太い時には反応した光が、産毛のような黒色の色素が薄い毛になってしまうと反応しにくくなり、その結果、黒くて太い毛に比べると脱毛の効果が現れにくい場合があるのです。

 

産毛の脱毛は可能なの?

それでは、産毛の脱毛はどのようにすれば可能になるのでしょうか?

まず、“産毛”とひとことで表現していますが、人によって産毛の定義は異なります。

少しくらい黒くても細ければ“産毛”と呼ぶ人もいれば、透明に近くてほとんど見えないような毛だけを“産毛”と呼ぶひともいます。

また、もともとお肌が黒い方は細い黒い毛が少しくらいあってもほとんど目立ちませんが、お肌が白い方の場合、薄くても黒い毛は目立ちがちです。

ですからどの程度の毛を産毛と考えているか&もともとのお肌が黒いか白いか色によって、脱毛が可能かどうかも異なってきますが、光脱毛では光が反応しなかった産毛にも、レーザー脱毛であれば反応することがあります。

つまりレーザー脱毛であれば、光脱毛では処理できなかった“産毛”を、目立たない状態にまですることは可能なことがあります。

 

なぜレーザー脱毛と光脱毛でこのような違いが生じるかについては、次の項目でご説明いたします。

レーザー脱毛は産毛の処理が得意?

まず、医療レーザー脱毛はエステでは行えない“医療行為”です。医師免許を持った医師がいるクリニックでのみ医療レーザー脱毛をすることができます。

ですから光脱毛ではあまり強い出力にできないのですが、医療レーザー脱毛では光脱毛よりも出力を強くしたレーザーを使用することができます。

そのため光脱毛では残ってしまったムダ毛でも、レーザー脱毛にすることで綺麗に取り除くことができる場合があるのです。

レーザー脱毛に使用する機器はクリニックによって異なります。

たとえばリゼクリニックでは、3種類の脱毛器『ライトシェア・デュエット』『メディオスターNeXT』『ジェントルYAG』を使い分けることで、脱毛効果を高めることに成功しています。

なぜ3種類も使いわける必要があるのかというと、脱毛器の種類によって効果の出やすい毛質が異なるからです。

太くて濃い毛や細くて薄い毛、それぞれの毛質によって機械を使い分けることで、光脱毛では脱毛効果がイマイチだった人でも、ムダ毛を減らすことができるということです。

出力が強いと聞くと、「痛みなどが強いのではないか。」と不安を抱く方もいるかもしれませんが、その点については心配はありません。

リゼクリニックに限らず、多くのクリニックでは痛みなどに対する処置もきちんと行ってくれます。(クリニックなので、麻酔を使用することも可能です。)

使用する脱毛器の種類や、痛みに関する処置の方法などについては全て、カウンセリングの際に医師が11つ丁寧に確認をしてくれます。

 

ですから産毛などのムダ毛に気がついたら、自己判断で処理をしてしまったり、諦めてそのまま放置してしまうのではなく、一度無料カウンセリングを受け、自分の毛質や肌質についてプロに相談をしてみることをオススメします。(補足:レーザー脱毛であれば、光脱毛では不可能だった永久脱毛も可能になります。)

さいごに

「産毛くらいならいいかな。」と思う方もいるかもしれないですが、脱毛を行う前のような太い目立つ毛ではないにしても、産毛が生えてきてしまうと放置するわけにいかないですよね。

産毛だって、立派なムダ毛です。

生えてきてしまうとシェーバーなどで定期的に処理をする手間がかかってしまいます。

産毛の処理は難しいと一般的にいわれていますが、何もせずにあきらめる前に、プロに相談をして自分にあった脱毛方法を選び、綺麗なお肌を手に入れましょう。