医療レーザー脱毛はその名の通り、レーザーを使用して脱毛を行います。

「レーザーを当てる。」と聞くと「どのくらいの痛みを感じるのだろう。」と怖くなるかたも多いのではないでしょうか。

痛みの感じ方はひとそれぞれなので、たとえ「痛くない。」と言っているひとがいても、「ほんとうだろうか。」「私は痛みに弱いから、痛いかもしれない。」と考えてしまっても、おかしくはありません。

ここではみなさんが安心して医療レーザー脱毛を受けることができるように、医療レーザー脱毛を行うときの痛みに対するケアの仕方について、ご説明していきたいと思います。

医療レーザー脱毛なら麻酔を使えば痛みを感じない

医療レーザー脱毛の痛みに関して口コミをみると、光脱毛と同様に「少し痛かったけど大丈夫だった。」というのが一般的ですが、なかには痛みを感じやすい方もいます。

デリケートゾーンなどの脱毛は痛みを感じるのではないかと不安を抱くこともあるかもしれません。

そのような場合、痛みは耐えなくてはいけないのでしょうか?

 

答えはNOです。

医療レーザー脱毛では施術の際に麻酔を使用することができるので、痛みに耐える必要はありません。

 

ここがエステサロンで脱毛を行う場合との、大きな違いです。

医療レーザー脱毛は医師免許をもつ医師がいるクリニックでしか行えない脱毛方法です。

ですから医療レーザー脱毛では、痛みに耐えるのではなく、必要に応じて麻酔を使用することができるのです。(エステなどで脱毛をする場合は麻酔を使用することができないので、光を照射すると同時に冷やして痛みを軽減するか、光の出力自体を抑えることで痛みを抑えます。)

麻酔を使いたいと伝えるタイミングは?

それでは麻酔を使ってもらうには、いつそのことを伝えればよいのでしょうか?

まず医療レーザー脱毛を行うときは、契約前に医師のカウンセリングを受けることになります。

初回カウンセリングで医師にお肌の状態などを診てもらって、施術が受けられる状態のお肌であることを確認してから契約をし、施術をしてもらいます。

 

痛みに関して不安があるひとは、この初回カウンセリングの時に医師にしっかりと相談し、不安を解消しましょう。

もちろん、施術を始めてから痛みを感じて麻酔を使用したいと思った場合も、「痛いので麻酔を使いたいです。」と伝えることで麻酔を使用してもらうことができます。

 

エステサロンで行う光脱毛の場合は医師がいない環境で施術を行うので、麻酔を使用することはできませんが、医療レーザー脱毛であればこのように痛みを軽減するための治療も行ってもらえるので安心して施術を受けることができます。

麻酔の種類は?

「麻酔」とひとことで言っても、さまざまな種類があります。

手術などで麻酔を使用するときは点滴やガスタイプの麻酔を使用することが多いので、麻酔と聞くとその2つのどちらかをイメージするのかたが多いのではないでしょうか。

医療レーザー脱毛で麻酔をする場合は、塗り薬の麻酔もしくは笑気麻酔が一般的です。

たとえば新宿、渋谷、横浜、大阪梅田、心斎橋、神戸三宮、京都四条、名古屋栄、仙台、新潟、広島、福岡天神、青森、いわき、郡山、四日市、京都伏見などに開院している美容皮膚科のリゼクリニックでは、笑気ガス(303,240円)もしくはクリームタイプ(13,240円)の麻酔を使用して脱毛をすることが可能です。

 

ポイント笑気ガスタイプの麻酔は鼻からガス状の麻酔を吸引します。すると“ぼーっ”とした感覚になり、痛みを感じにくくなります。

クリームタイプの場合はお肌に塗って使用します。クリームタイプの麻酔を使用する場合は感覚が麻痺するまでに30分くらいかかるので、使いたい場合には事前に伝えておく必要があります。

笑気ガスの麻酔が体質に合わなくて使用できない方や、笑気ガスでは痛みが軽減されない方がときどきいるそうなので、そのようなときのためにクリームタイプの麻酔も用意しているそうです。

 

麻酔を使うメリットは?デメリットはあるの?

まず、麻酔を使うことで痛みに耐えなくて済むというメリットがあります。しかし、一方でデメリットもあります。

麻酔は薬品です。ですから100%安全というわけではありません。

たとえばクリームの麻酔の場合はアレルギー反応が出てしまうかたが時々いるそうです。

つぎに笑気ガスタイプの麻酔についてですが、こちらに関しては10年以上前のことになりますが、酸欠状態になってしまう事故が数件にあったということです。

これだけ聞くと麻酔を使用することにためらいを感じてしまいますが、現在は医療技術の進歩とクリニック側の努力で、これらのトラブルを生じないための対策をしっかり行っているのでそれほど心配する必要はありません。

ですから痛みに対する不安が強すぎる方の場合は、カウンセリングをしっかりうけて麻酔を使用するのも1つの方法だと思います。

さいごに

レーザーと聞くと少し怖いイメージもあるかもしれませんが、口コミをみてみるとほとんどの方が「麻酔を使用せずに施術を受けても大丈夫だった。」とコメントしています。

このような口コミを沢山見たとしても不安な方はいらっしゃると思いますが、どのクリニックでもいきなりレーザー照射を行うわけではありません。

きちんと初回カウンセリングの際にテスト照射を行って、お肌への影響や痛みの感じ方を確認してくれます。

ですから現時点では不安なかたもいると思いますが、医師とのカウンセリングをして疑問点や不安を解消してから施術を受けるようにすれば、トラブルを生じるようなことはありません。

 

今回ご紹介したクリニック以外にも、たとえば湘南美容外科の医療レーザー脱毛などでも麻酔の使用は可能です。

麻酔の種類や値段、使用するタイミングなどはクリニックによって異なりますので、痛みに不安がある方はカウンセリングの際に必ず確認をして、施術を受けるまでに疑問や不安を解消するようにしましょう。