足の脱毛をしたいと思ったときに気になるのはその体勢や服装ですよね。

ワキの脱毛であれば、ノースリーブなどワキを出しやすい服装にすればいいかな?とイメージしやすいですが、足となるとワキに比べて脱毛する範囲が広く、たとえば太ももなどの脱毛となるとデリケートゾーンに近い場所まで含みます。

 

そのような部分まで見える服装をするとなると、仕事帰りにサロンやクリニックに行きたい場合は特に、困ってしまいますよね。

さらに足脱毛で気になることは服装だけではありません。その体勢も気になります。

太ももの裏側を脱毛するとき、どのような体勢を取らされるのでしょうか?

「太ももの脱毛のとき下着はつけていていいのかな?」「恥ずかしい体制を取ることになったら嫌だな。」と気になる方多いのではないでしょうか。

 

ここではそれらの疑問や心配事を解消すべく、足脱毛をするときの体勢やふさわしい服装についてご紹介したいと思います。

足脱毛の範囲にデリケートゾーンは含まれる?体勢が不安だけど・・・

冒頭で少し触れましたが、体勢に関してみなさん「開脚など恥ずかしいポーズを取らされないか。」ということを心配されます。

足脱毛は一言で「足」といっても、さまざまなパーツを含みます。

「ひざ、ひざ下(表面と裏面)、ひざ上(太ももの表面と裏面)」と分かれている場合が多く、その料金設定も異なります。

ヒザはワキと同じSパーツという扱いのサロン、クリニックが多く、ひざ下とひざ上に関しては表面と裏面を分けて、それぞれをLパーツと設定している場所が多いです(たいていLパーツはSパーツの2回分の料金です)。

このように、「足脱毛」に含まれるのは足首から太ももまでの範囲なので、デリケートゾーンは含まれません。そのため足脱毛の際に開脚をする必要もなければ、デリケートゾーンを見られるようなことはありません。

足脱毛のときの服装は?

足脱毛のときの服装は、体に負担がかからない、少し余裕のあるものがオススメです。

たとえばロングスカートやガウチョパンツのように、足にぴったり張り付かない服装が良いでしょう。

 

ここでポイントとなることは「ロングスカートのように、下着までめくりあげることができる服装にしなくても大丈夫。」ということです。

というのもサロンで光やレーザーを照射するとき、ひざ下であれば洋服をめくりあげるだけで大丈夫です。洋服を脱ぐ必要はありません。

太ももの脱毛の場合は洋服を脱ぎ、下着のみになります。(上半身に関しては、もちろん洋服を脱ぐ必要はありません。)

ひざ下脱毛の場合であれば、ひざまでめくり上げられる服装にすれば良く、ふとももの脱毛の場合は洋服を脱ぎます。ですので、いずれの場合もロングスカートのように下着までめくりあげることができる服装にしなくても大丈夫なのです。

 

重要なことは「足を締め付けない服装にする。」ということです。

なぜ足を締め付けてはいけないかというと、光脱毛やレーザー脱毛は、ムダ毛が生えているお肌に光やレーザーを照射します。

するとその光やレーザーは、ムダ毛が生えている黒い色素に反応して、熱エネルギーになってムダ毛をなくします。

光やレーザーを照射した後のお肌は軽いやけどを負ったような状態になっているので、施術後はお肌に当たらない、足を締め付けない服装が良いのです。

他にも重要なことは、「足の日焼けを避けることができる服装を選ぶ」ということです。

仕事帰りに脱毛をする場合、職場に行くのにロングスカートを履けないかたも多いと思います。

冒頭で述べたとおり必ずしもロングスカートにする必要はないので、ガウチョパンツのような「足全体が隠せて余裕がある服装」がおすすめです。

足脱毛のときの体制は?

太ももの施術の場合、下半身のみ下着になったら、施術を行うベッドに寝転びます。

ひざ下の脱毛の場合はひざが見える位置まで履いているものをめくりあげたら、施術を行うベッドに寝転びます。

次に施術中の体勢についてですが、足の表面に光やレーザーを照射するときは、少し足を開きながら仰向けに寝ます。

 

目には光が入らないようにサングラスをかけているので、自分の姿をみることもなければ、エステティシャンや医師・看護師などと目が合うこともありません。

裏面に光やレーザーを照射するときも変な体制をとる必要はありません。少し足を開きながらうつ伏せの体制で寝るだけです。

もちろん裏面のときは下を向いているので、エステティシャンや医師・看護師などと目が合うことはありません。

ちなみに太ももの脱毛施術を行うまでの待ち時間についてですが、施術が始まるまで下着姿でいることが恥ずかしい方は、バスタオルを体にかけて待つことができます。

 

さいごに

足脱毛のときの体勢や服装についてのポイントがわかると、安心して施術が受けられますよね。

サロンやクリニックによっては、着替えが用意されていて、ひざ下の脱毛でも、太ももの脱毛でも、着替えをしてから施術が受けられる場合もあります。

着替えがあるかどうかはサロンやクリニックによって異なりますので、自分が通っているサロン・クリニックで事前に確認をするようにしましょう。

もちろん事前の説明で案内がきちんとあるはずですが、説明の内容を忘れてしまった場合には、来店前にお電話をして聞くなどしましょう。