(出典:rakuten

家庭用脱毛器レイボーテRフラッシュは、ヤーマンという企業が販売している脱毛器です。

ここでは、家庭用脱毛器レイボーテRフラッシュの脱毛効果はどのくらいなのか、痛みはないのかなど、口コミや効果をご紹介していきたいと思います。

レイボーテRフラッシュとは?

家庭用脱毛器レイボーテRフラッシュは、ヤーマンダイレクトというヤーマンの通信販売サイトで購入することができます。(ヤーマンは美容器や健康機器を30年以上にわたり販売している美容専門メーカーです。)

レイボーテRフラッシュは光の持つ特性を利用し、ある波長の光をムダ毛のお手入れに利用することで、脱毛を可能にしています。

 

最近ではエステなどでも光を使用した脱毛やお肌のお手入れがはやっていますが、なぜ光を利用すると良いのでしょうか?

その理由として、光を利用すればレーザーに比べて一度にお手入れできる範囲が広いこと、光を利用することでお肌への負担を抑えられること、光を利用した脱毛は痛みが少ないことなどが挙げられます。

光をお肌に照射するとムダ毛に反応し、そこで光のエネルギーが熱のエネルギーへと変わり、ムダ毛にダメージを与えることが出来ると考えられています。

 

この記事をご覧になっている方の中にも、エステなどに通い、ワキなどの光脱毛をしてムダ毛がなくなった経験をしたことがあるかたは多いのではないでしょうか?

もしエステでできたことが自宅で簡単にできれば、気軽に全身の脱毛をすることが可能になりますよね。

そこで、エステでできた脱毛が本当にレイボーテRフラッシュを使えば可能になるのか?レイボーテRフラッシュを実際に購入した方の口コミを調べてみたいと思います。

レイボーテRフラッシュの効果は?使いやすい?

レイボーテRフラッシュについての口コミをみてみると、レイボーテRフラッシュはローラーをお肌の上で転がすだけで光脱毛ができるように作られているので操作が簡単ということでした。

さらに0.2秒感覚で光を連射してくれるため、操作が簡単かつ光の当て忘れも防げるそうです。

一般的なエステなどの光脱毛でもローラー式ではないことが多く、エステティシャンの方が光の出る部位をお肌に当てて、光を当てたらまた次の部位に機械を当てて・・・ということを繰り返しますよね。

このようなやり方だと、もし1mmでも光を当て忘れた部位があると、そこからムダ毛が生えてきてしまうので、やはり専門的な技術が必要になります。

 

しかしレイボーテRフラッシュであれば、ローラーをコロコロ動かしてスライドしていくだけでいいそうなので、特別な技術がないひとでも光の当てムラがなく、均一に綺麗に光を当て脱毛をすることが出来るそうです。

また、ローラー式なのでスピーディーに作業が進み、時間も短縮でき、たとえば両腕でも30秒くらいで終わらせることができるということでした。

両足でも2分ちょっと、両脇だと10秒ちょっとで光の照射が完了するということで、とても短時間で広範囲の脱毛ができることがわかりました。

 

それでは光の当てムラがなくスピーディーに脱毛ができる以外に、レイボーテRフラッシュならではの効果はまだ他にもあるのでしょうか?

この点に関しても口コミを調べてみると、他にもありました。

レイボーテRフラッシュを使用するとお肌の水分量や弾力が増加したということで、美肌効果も期待できそうです。

レイボーテRフラッシュの光が、美肌効果の波長も含んでいるということでこのような効果が現れたと考えられます。

レイボーテRフラッシュの痛みや刺激は?

効果があるのは口コミからわかりましたが、光や熱による痛みや刺激はあるのでしょうか?

この点も気になるので口コミを調べてみました。

実際に使用した方の口コミをみると、光を照射した際の痛みや刺激は一切なかったそうです。

エステなどの光脱毛も痛みがほとんどないので、レイボーテRフラッシュもそれらと同様に痛みはほとんどないのだと思います。

おわりに

レイボーテRフラッシュが痛みや刺激もなく、脱毛の効果が出るということが口コミからわかりました。

これらの点について、脱毛器を購入する際には重要なポイントですよね。

レイボーテRフラッシュは痛みや刺激がないということで安心して使用していただきたいと思うのですが、痛みはなくてもお肌にわずかなダメージは加わっていると思います。

ですから、一般的なエステサロンで指導されるように、脱毛の前後は日焼けをしないように日焼けクリームを塗ったり、日傘をさして日焼け対策をしましょう。

また、脱毛をした当日はお風呂には入らずシャワーで済ませるなど、自己管理もきちんと行いましょう。

他にも、光照射の後にはできればお肌を冷却し、光照射によりお肌に加わった熱をとってあげるなど、できるだけお肌に負担がかからないようにしましょう。