(出典:アマゾン

家庭用脱毛器「エピレタ」は、Amazonなどでも気軽に購入することができる脱毛器です。

中古品であれば2万円前後、新品であれば4万円前後で購入可能です。

ここではエピレタを使用して脱毛を行った場合の効果や口コミ、また、エピレタを使用することのメリットとデメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います!

エピレタとは?

エピレタは「光」と「超音波」の両方の作用を利用して、お肌に優しい脱毛を行うことが出来る脱毛器です。

 

まず、エピレタを使用した脱毛についてご説明いたします。

エピレタはエステなどで脱毛を行う場合と同様に、まずは脱毛を行いたい部位のお肌のムダ毛をシェービングします。

シェービングをしたら、その部位にエピレタ本体を当てます。

次に、エピレタ本体を当てているお肌に「光」を照射して脱毛を行います。ここで「光」の照射と同時に、エピレタの特徴である「超音波」も利用して脱毛を行います。

 

「光」を利用したムダ毛の処理は一般的なエステなどで数多く行われている方法なので、光を照射して脱毛が行われるメカニズムに関しては、なんとなくイメージができるかたも多いのではないでしょうか。

しかし「超音波」に関しては、どうでしょうか?初めて耳にするかたが多いのではないかと思います。

超音波を照射すると音の振動が生じるので、エピレタではその「音の振動」を利用しています。

エピレタでは「光」を照射しながら、「音の振動」をムダ毛が生えている部位に与えていきます。

このように光の照射と同時に音による振動があると、とても効率よくムダ毛に熱を届けることが可能になり、お肌に与えるダメージを最小限に留めながら脱毛を行うことができます!

照射する光の強さは、ご自身でレベル1から徐々に上げていくことができるので、まずはレベル1から脱毛を行ってみて、お肌のトラブルがないことを確認しながら徐々にレベルを上げていくことをお勧めします。

光を照射して熱を利用して脱毛をするので、ヤケドなどのトラブルを心配する方もいますが、エピレタには「肌色センサー」と「タッチセンサー」機能がついていて、それらのトラブルが生じる心配もありません。

肌色センサーは、エピレタで光を照射する前と光照射中に、お肌の濃さを自動でチェックしてくれる機能です。

このチェック機能があるお陰で、光の照射が適していない方は、光が照射できないようになっています。

つぎにタッチセンサーについてですが、こちらのセンサーについては、エピレタの光照射面がお肌に密着した状態で照射ボタンを押さないと、光が出ない仕組みになっています。

ですから目などに誤って光を照射してしまう心配もありません。

エピレタの効果は?

 

エピレタを使用した脱毛のお勧めの方法は、まず最初の1回目から4回目までは2週間おきに行います。

5回目からは4週間おきに脱毛を行い、9回目からはご自身の脱毛の状況に応じて、満足するまで脱毛を行うというのがお勧めの方法です。

 

もともとムダ毛が濃い方の場合は回数が多くなってしまう可能性がありますが、エステとは違ってすでに購入済みの機械を使用してご自身で何度でも脱毛ができるので、お金やエステに通う時間などを心配することなく、満足するまで好きなときに脱毛を続けることができます。

ですから最初の数回では脱毛の効果を感じにくかった方も、何度も脱毛を行うことができるので「気がついたときには毛が薄くなっている」というような形で脱毛の効果を実感することができます!

エピレタの口コミは?

エピレタはカミソリやシェーバーを使用したムダ毛の処理と違って、ジェルやクリームを使用する必要がありません。

また、エピレタの本体の重さも220gしかなく、とても小型でコンパクトなため、「普段からかばんに入れておいて、お出かけ先でも気軽に脱毛をすることができる。」と好評です。

ほかにもエピレタは、「肌色センサー」と「タッチセンサー」の機能があるので、やけどをしてしまったり、目に光を当ててしまうなどのトラブルの心配もなく、安心して使用することができるという口コミも多い脱毛器です!

脱毛の効果があるということに加え、安心して使用することができるというのは、自分でムダ毛の処理をするときには重要なポイントですよね!

エピレタを使用するメリットは?

エピレタを使用するメリットは、これまでご説明してきたように、エステなどに行くことなく気軽に安全に自宅で脱毛が出来るという点ではないでしょうか。

機械を一度買ってしまえば、クリームなど付属品を買い足す必要もないので、最初にかかった費用プラスアルファを心配する必要はありません。

脱毛をしたいと思いながらも、ムダ毛が生えた汚いお肌を他人に見せることが恥ずかしくてなかなかエステなどにいけなかった方も、エピレタを使用すればエステと同じような方法で脱毛をすることが可能になります!

エピレタを使用するデメリットは?

エピレタの効果や費用などに関しては、特に目立ったデメリットはないのですが、あえてデメリットを挙げるとすれば、全て自分で行わなくてはいけないという点ではないでしょうか。

デリケートゾーンなど、自分では見えにくく手が届きにくい部位の脱毛をする場合に、多少手間がかかってしまうということがデメリットかと思います。

エステなどに行くとデリケートゾーンに関しては、シェービングをスタッフの方がしてくれるサービスがある場合が多いので、デリケートゾーンの脱毛に関してはエステに通うほうがエピレタに比べるとラクかもしれません。

ですが、やはりデリケートゾーンは他人に見せるのはかなり勇気が必要です。ですから多少手間はかかってしまうかもしれませんが、これらの部位の脱毛に関してもエピレタはお勧めです!

さいごに

エピレタを使用した脱毛でも、エステなどの光脱毛と同様に、日焼けしたお肌やホクロがある部位に関しては光を当てないように気をつける必要があります。

また、光照射後のお肌はとても敏感な状態なので、脱毛後はすばやくお肌を冷却をし、しばらくの間は日焼けなどお肌に負担がかかることは避けるように気をつけましょう。