ムダ毛を処理する方法として、自宅でも簡単に行えるカミソリや毛抜き、シェーバーを使用した方法、脱毛サロンに通って光脱毛などをする方法、クリニックに通ってレーー脱毛をする方法などさまざまな方法があります。

それ以外にも「ブラジリアンワックス脱毛」という脱毛方法があります。

ブラジリアンワックス脱毛では一般的に、温めたワックスを脱毛したい部位に塗布して、ワックスが冷えて固まったら一気にワックスを剥がします。

冷えて固まったワックスはムダ毛と一体化しているので、ワックスを皮膚から剥がす際に、ムダ毛も一緒に毛根から引き抜くことができます。

最近では温める必要のないワックスも販売されています。

ここではブラジリアンワックスのメリットとデメリット、肌への影響や脱毛の効果についてご紹介したいと思います!

ブラジリアンワックスのメリットは?

おすすめ・女性

ブラジリアンワックスはもともと、デリケートゾーンの脱毛に使用されていました。しかし最近では、顔も含めて全身の脱毛を行うことができます。

エステなどでブラジリアンワックス脱毛を受ける場合、光脱毛やレーザー脱毛と比べると比較的低料金で施術を受けることができます。

しかも光脱毛やレーザー脱毛ではムダ毛がなくなるまでに時間がかかってしまったり、産毛や白髪には光やレーザーが反応しなくてムダ毛が残ってしまう場合がありますが、ブラジリアンワックスは施術をしたその日のうちに、産毛や白髪も含めたムダ毛全てを一気になすことができます

ですから数日中に肌を露出するために、すぐにムダ毛をなくしたいかたにはおすすめの方法といえます。

ブラジリアンワックスのメリットは他にもあります。ブラジリアンワックスで脱毛を行うと、ムダ毛と一緒に古い角質も剥がされます。

ですから、脱毛と同時に古い角質が除去されたツルツルのお肌になることができます。

ブラジリアンワックスのデメリットは?

ブラジリアンワックスは永久脱毛ではありません

ブラジリアンワックスはムダ毛を毛根から抜き去る方法なので、脱毛からしばらく経つと、またムダ毛が生えてきます。

毛の生えてくる早さには個人差がありますが、おおよそ2週間から6週間後にはムダ毛が生えてきてしまいます。

ワックス脱毛はあまり頻繁に行うとお肌をいためてしまうので、5週間から6週間に1回くらいのペースで脱毛を行う必要があります。

ブラジリアンワックス脱毛を行うと毛根が弱くなり、毛が細くなるということをいう方もいますが、これには個人差があるといえます。

人によっては、毛抜きなどでムダ毛の処理をしたときのように「埋没毛」や「黒ずみ」などのトラブルや、ワックスを剥がしたことによりお肌が乾燥して赤くなるなどのトラブルを抱えてしまう方もいます。

ですから、アトピーなどお肌がもともとあまり強くない方は注意が必要です。

ブラジリアンワックスで脱毛を行うには?

ブラジリアンワックスで脱毛を行う場合、脱毛を行う日の少なくとも前後4日間は日焼けをしないように気をつけてください。

日焼け以外にも、長時間の入浴や海水浴、プールなどはお肌を刺激してしまう可能性があるので、しばらくは避けたほうが無難です。

次にブラジリアンワックスで脱毛を行う場合のムダ毛の長さについてですが、ムダ毛は5mm以上の長さにする必要があります。きれいに脱毛をするためには、1cmくらいの長さで脱毛を行うことをおすすめします!

ブラジリアンワックス脱毛は自宅でできる?

ブラジリアンワックスで脱毛を行う場合、サロンに通って脱毛をする以外に自宅で脱毛を行うことも可能です。

市販だとだいたい3,000円でワックスが買えるので、複数の部位を脱毛したい場合や、定期的に何度も脱毛をしたい場合にはサロンに通うよりかなり安くなります。

しかし、自己処理にはデメリットがあります!

自己処理は素人が自分で脱毛を行うので、どうしても毛の抜け方にムラが出来てしまいます。また、無理な剥がし方などをしてしまい、肌トラブルが生じる可能性もあります。

脱毛の部位の中でもとくにデリケートゾーンは、自分で見えにくい部位が多いので抜けムラが出来やすく、さらにうまく剥がさないと粘膜部位に傷などをつけてしまう可能性があります。

ですから特にデリケートゾーンの脱毛については、サロンで行うことをおすすめします。

さいごに

上述したように、ブラジリアンワックスによる脱毛はすぐにツルツルのお肌が手に入れられるため、脱毛効果が高い脱毛方法といえます。

しかし一方で無理矢理ムダ毛を抜き取る方法なので、お肌に対する負担がわりと大きい脱毛方法ともいえます。

ですからブラジリアンワックスで脱毛を行ったあとは、脱毛した部位のお肌を冷却し、保湿もしっかり行うなどアフターケアをしっかり行い、脱毛による肌トラブルが生じないように気をつけましょう。